IMG_3568_2

InterView01 Chris Lee[Asylum] from Singapore

シンガポールには、ショッピングセンターもたくさんありますので、ブランディングデザインの仕事もたくさん手がけました。しかし、このような仕事ばかりしても胸の興奮は覚えません。そこで、パーソナルなプロジェクトを自分でしようと考えるようになったんです。もっと人々の気分を発揚させるような、興奮してもらうようなスペースをつくろうと考え、とてもチャーミングな小さな路地に、事務所をつくりました。

Asylum-page34

このスペースは、ショップです。ファッション、本、音楽、アート、いろいろなものを売ることにしました。いろんなアーティストにも声をかけて、コレクションを展示してもらうスペースも用意しています。

Asylum-page35

下の写真はサウンドアーティストの作品です。お碗の中にお水が入っていて、通ると音が勝手に流るというものでした。氷の作品もあったのですが、すぐに解けてしまい大失敗で。溶けた水が地下の私たちのオフィスに入ってきてしまい、大変でした(笑)。

Asylum-page37

ここでは、展覧会の企画も行っています。これは、ダイエットチェアで、右の下に体重計がついているというユニークな作品です。ショップでは、デザイナーの方々にトークをしてもらうこともあります。過去には、本日のトーク会場にいらっしゃる、香港のデザイナー・ジェイヴィンさんにもご出演いただきました。これは2006年の写真です。

asylum09

自分のお店なので、バッグやTシャツなどオリジナルの商品もつくっています。これは、ひとつのTシャツを2倍に売るというアイデアで、別々の前身頃と後ろ身頃がひとつになっています。

Asylum-page41
Asylum-page43

デザイナーたちは、あまり本を読まないと常に批判されることがあります。そこで、非常に賢そうに見える装丁のデザインブックをつくりました。だけど、中身は、真っ白です(笑)。これをもっていると、かしこそうに見える装丁です。

Asylum-page44
Asylum-page45

これはCDケースとペンシルケース。

Asylum-page46
Asylum-page47

また、チョコレートが大好きなので、チョコレートショップもはじめました。ナッツ、エキゾチックなフレーバーだとチーズ、ペッパー味など、100種類のフレーバーを用意しています。東京、上海、ロンドンなど、都市ごとにイメージしたフレーバーもあります。東京は、桜フレーバーです。

Asylum-page49
Asylum-page50
Asylum-page51
Asylum-page52
Asylum-page53

今では、シンガポールに3店舗あるのですが、自分で経営していると、ひとつのコンセプトに基づいて、すべて自分でデザインできるということできるのが楽しいですね。プレートもTシャツもWEBサイトもすべてデザインしました。WEBページは、急いで読まないとチョコレートが溶けてしまって、読めなくなるというようなコンセプトです。このプロジェクトは、非常に成功していて、いろいろなメディアにも取り上げられ、紹介されました。

Asylum-page57
Asylum-page59
Asylum-page61
Asylum-page63
Asylum-page64
Asylum-page67
Asylum-page68